2017-11-08

ブロムオイルプリント・ワークショップ

ゼラチン・シルバー・プリントは金属銀で画像ができています。ブロムオイルプリントはその銀をインクに置き換えていく技法です。フィルムネガから引き 伸ばしたプリントを専用の漂白剤で漂白します。銀の濃度によって水を含むと柔らかい部分と固い部分のゼラチン層ができ、油性インク (油絵具など)を刷毛をつかって叩きつけると水と油の 反発作用によって固い部分のゼラチンにはインクが載り(シャドー部分)、水を多く含んでいる柔らかい部分のゼラチンはインクが載りにくくなります(ハイライト部分)。

日本の写真史を語る上で外すことのできない技法で、ピクトリアリズムの芸術写真家たちは盛んに この技法を使って作品を制作していました。

また現代の作家もその独特の風合いから、作品に取り入れています。今回講師をしていただく鈴木ノアさんはブロムオイルプリントの代表的な作家の一人で、ブロムオイル一筋で作品を制作し個展を開催しています。
なお、11/7~19日までRoonee 247 fine artsにて鈴木ノアさんの個展が開催中です。是非ノアさんの美しいブロムオイルプリントをご覧いただき、興味を持たれましたらワークショップにご参加ください。

 

開催日時

12月16日(土)10:30~17:00・12月17日(日)10:30~17:00(2日間)

募集人数;5名(先着順)募集人員に達しましたので受け付けを終了させていただきました。

ワークショップ料金

¥20,000円(税込み・全2回)

お持ちいただくもの

35m/m~4×5までの現像済みネガ。
タオル、筆記用具、エプロン等汚れても良い服装(着替えも可)

申し込み

下記フォームよりお申し込みください。

講師

鈴木ノア

1980年生まれ
10代の頃より写真を撮り始める。
2011年、古典技法であるブロムオイル印画法を学び、制作を開始。現在、ニューヨーク・ゲント等のアートフェアへの参加、個展などの作家活動を行っている。

 

  • お名前
  • フリガナ
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 確認用メールアドレス
  • ご質問等お問い合わせ

 

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存