2018-03-28

サイアノプリント・ワークショップ

サイアノタイプは1842年イギリスのジョージ・ハーシェルが発明した俗に青写真と呼ばれる技法で、少ない薬剤で調合も簡単、美しいブルーの画像を得られることから人気のオルタナティブ技法です。

また調色によって様々な表現が可能なことも魅力の一つです。

 

開催日時

2018/4/29 13:00-18:00 定員 5名

ワークショップ料金

¥12,000-(税込)

お持ちいただく物

筆記用具・エプロン・手ぬぐい・デジタルデータ(念のため元データ・フィルムをお持ち下さい)

デジタルデータについて

デジタルカメラで撮影したデータの場合

8×10以下のプリントサイズ,16bit,720dpi,TIFFで保存

フィルムネガの場合

スキャンする際に16bit,720dpi,8×10以下のサイズでスキャン・TIFFで保存,してください。
フィルムスキャンができない、あるいはデータに関してご質問等ありましたらこちらへお問い合わせ下さい。

■お申し込み方法

下記のフォームよりお申し込みください。

講師

猪股良文
東京都出身
日本大学芸術学部卒
在学中より電通写真部アシスタント・個人アシスタントを経てフリー。車・建築写真を主とする。
細江英公ワークショップ、ジャックウェルポット・ジュディードーターワークショップ参加。
2013年よりアマナサルトにてオルタナティブ・プリント制作担当。
2016年10月よりアトリエ・シャテーニュにてオルタナティブプロセス・ワークショップを担当。

  • お名前
  • フリガナ
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 確認用メールアドレス
  • ご質問等お問い合わせ